­

昨年10月、感動のベルリン公演から早や1年。猛暑の夏が過ぎたかと思うと急な冷え込みに見舞われた日本ですが、ようやく本来の秋らしさを取り戻した今日このごろ、皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、大変お待たせ致しました!第4回国境なき合唱団チャリティーコンサートツアーが決定致しましたので、お知らせ致します!

次回のチャリティコンサートは、欧州が一番美しい6月に古都プラハで開催致します。私たちが踏む檜舞台は、プラハでも一番の壮麗さを誇るスメタナ・ホール。数々の名演奏が奏でられたこのホールに、私たちの第九を響かせましょう!

第九を指揮されるのは、ベルリンで素晴らしい指揮と演奏で会場を沸かせた横島勝人マエストロが、再び私たちの為に登壇されます!オーケストラはチェコ室内フィルハーモニー管弦楽団。ソリストは決まり次第、ここでお知らせして参ります。

合唱指導と第一部の合唱ステージを指揮されるのは、私たち国境なき合唱団には欠かせない存在となっている佐藤一昭先生とピアノの原恵子先生!

ツアースケジュールは最終調整段階に入っており、近日中に詳細なスケジュールの御案内と参加募集を開始致します!皆様、ふるって御参加下さいね!

              古都プラハの美しいたたずまい。

                  壮麗なスメタナ・ホール

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「第4回国境なき合唱団チャリティーコンサート 2011 in Praha」

公演日:2011年6月9日(木)

会場:プラハ スメタナ・ホール

<第1部>
日本の歌・チェコの歌
(ただいま選曲中。追って広報させて頂きますのでお楽しみに!)

合唱指揮:佐藤一昭 ピアノ:原恵子 国境なき合唱団

<第2部>
ベートーヴェン交響曲第九番合唱付
指揮:横島勝人 チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団 国境なき合唱団

ソリスト:(追って発表させて頂きます)

 横島勝人マエストロ   佐藤一昭先生    原恵子先生

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

##先生方のお写真は本HP掲載のものを使用しました

##プラハとスメタナホールの写真はWikimedia Commonsのフリーユースの写真を使用しています。

zp8497586rq

「第4回 国境なき合唱団チャリティーコンサート2011 in Praha」のソリスト、まずソプラノのソリストが決定致しました!

私たちと共に第九のソプラノ・ソロを歌ってくださるのは、日本はもとより欧州のオペラ界でも、その歌声と演技が絶賛されている蔵野蘭子(くらの らんこ)さんです!

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

蔵野 蘭子(くらの・らんこ)

Soprano

東京芸術大学、同大学院オペラ科修了。二期会オペラスタジオ、文化庁オペラ研修所修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアへ。その後、ベルギー音楽アカデミー・ウックル声楽科を首席で卒業。メダル(ウックル市賞)を同時に受賞。ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場副指揮者ボイタック氏との研修。ベルギー・ブリュッセル王立音楽院マスタークラス修了。FRANCE3(TV)よりグランプリ、国民文化祭(兵庫)・第1回新人音楽コンクール第3位、日本音楽コンクール(毎日新聞、NHK主催)、トゥルーズ国際声楽コンクール、マルモンド国際声楽コンクール入賞。第3回国際ワーグナー歌唱コンクール日本大会優勝。同ヨーロッパ大会にて特別賞受賞。欧州では、ホセ・ファン・ダムと共演のオペラガラコンサートでデビューの後、ハノーファー万博共催『カルメン』(ミカエラ)、ベルギー王立歌劇場『エレクトラ』、ストラスブール歌劇場『友人フリッツ』、ニース歌劇場でのオペラ・ガラコンサート、ベルギー・ブリュッセル『第九』ソロ、南仏での演奏旅行他、ドイツ・ハンブルグ、フランス・トゥルーズ、ボルドーなどで好評を博している。日本では、『蝶々夫人』のタイトルロール、『ドン・ジョヴァンニ』(ドンナ・アンナ)、『フィガロの結婚』(伯爵夫人)、二期会公演『タンホイザー』(エリーザベト)、『ホフマン物語』(アントニア)、『さまよえるオランダ人』(ゼンタ)など。新国立劇場、ワーグナー『リング』のシリーズでは『ラインの黄金』(ヴェルグンデ)、『ワルキューレ』(ジークリンデ)、『神々の黄昏』(グートルーネ)に出演し、演出家キース・ウォーナーから、「私の知り得る中で最も魅力的なジークリンデ」との賞賛を受け、またワーグナーファンからも印象に残る歌手として高く評価されている。その他、シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団定期、プーランク『スターバト・マーテル』ソプラノソロ、米国オハイオでのクリスマスコンサートなど、新聞各紙で好評を得た。近年ではバイロイト及びボルドーでのリサイタル、クレタ島での『蝶々夫人』、ロンドンでのネパールの子供のためのチャリチィーコンサート、日生劇場での『利口な女狐の物語』(雄狐)等で好演。近年マレーシアにて大学客員教授、TV出演、演奏会などで活躍。二期会会員。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

どんな歌声でどんなパフォーマンスをされるのか、皆様御自身で堪能されるチャンスが、この週末にございます!蔵野蘭子さんが挑戦されるモノオペラ、つまり一人芝居のオペラです。

ジャパンシフォニア
「プーランク モノオペラ 人間の声」

11月13日(土)14:30開演(14:00開場)

晴海トリトンスクエア第一生命ホール(大江戸線 勝どき駅下車)

A席:5000円、B席:3000円、学生:2000円

チケット申込み/お問い合わせ:ジャパン・シンフォニア事務局

0422-45-1585 (平日10:00-18:00)info@japansinfonia.com

http://www.japansinfonia.com

舞台上は、別れた恋人との最後の電話をする女の45分の一人舞台。

台本はジャン・コクトー、作曲はフランシス・プーランク。

この凄絶な舞台を是非御堪能下さい!

  

zp8497586rq
2010年11月
« 6月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930