Home > 2008 > 4月 > 28
­

 カンボジアの蚕は、やや黄色みがかった繭を作り、それを紡いだ糸は「黄金の絹」と呼ばれ、

中国やヨーロッパにも輸出されてきました。

度重なる内戦により危機に瀕したその技術が今、不死鳥のように美しくよみがえりつつあります。

先日ご紹介した、今回の寄付先、「NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」の活動をサポート
するために、2007年に設立されたフェア・トレード会社KO&Co.では、KnKの訓練生の作品、
ならびにカンボジアの生産者組合等からシルク製品を輸入し、日本で販売しています。

今回、横浜高島屋さんのご好意で「黄金の絹・カンボジアシルク」の特別販売が実現致しました。

日本では初めてのご紹介となる、美しいスカーフやテーブルクロスを手にとってご覧になれる
絶好のチャンス!
この美しい絹をお求めいただくことで、アジアの恵まれない青少年支援にご協力ください。

■ 期 間 : 2008 年4 月30 日(水)~5 月6 日(火・祝) 10:00~20:00 ※最終日は18:00 まで
■ 会 場 : 横浜髙島屋 7階 生活雑貨ショップ マ ピエス
〒220-8601 横浜市西区南幸1-6-31 Tel:045-311-5111
■ 問合せ:特定非営利活動法人 国境なき子どもたち (担当:守谷/松浦) www.knk.or.jp
〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-26 Tel:03-6279-1126 (月-金)

~ フェア・トレードとは? ~
フェア・トレード(公正取引)は、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入すること
を通じ、途上国の生産者や労働者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

2008年4月
« 2月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930