­

 夜くつろいでいると東京オリンピック女子体操金メダリストのベラ・チャスラフスカさんの訃報が流れた。驚くと同時に、5年前一緒に写真を撮ったことなど得難い体験が鮮やかによみがえった。

客席にはベラさんがいる。日本大使を始め大勢の現地の方がチェコ室内フィルが奏でるベートーベンの響きに聴き入っている。いよいよ第4楽章、ソリストが「おお友よ」と歌い出して一気に集中力が高まり「国境なき合唱団」に応募した80余名と共に第九の合唱が始まった。

プラハが世界に誇るスメタナホールの響きは切れるように清明だ。遥か星座に一筋の祈りを届け、声を揃えて世界を歌う。合唱の持つ敬虔な響きを心に感じ、シラーが表した歓喜を精一杯歌いあげた。真っ先に立ち上がったのはベラさんだった。次々とスタンディングオベーションが広がり場内は歓呼に沸いた。

 打ち上げにはベラさんと娘さんも参加した。日本は第二の故郷と言い、心のこもった握手に飾らない人柄が出ていた。華やかな舞台とは裏腹に時代と政治に翻弄され、家庭問題でうつ病にもなった。栄光と挫折、そして復活と平安。力強く生きたベラさんを敬い、仲間とともにご冥福を祈った。

2016年9月
« 1月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930