­

早くも、コンサートから1ヶ月。燃え尽きて帰国しました。毎回こんなふうなのですが、今回は、この演奏会が決まってから、日本にも自分の身の回りにもいろいろなことがあり、改めて、自分ができる時に、できる事を精一杯しなくては、との思いが強かったような気がします。歌えることの喜びが、東京での練習会、プラハでの練習会、ゲネプロ、本番、アンコールと、どんどん膨らむばかりでした。特に、「大地讃頌」は、練習の時から、歌うたびに涙があふれるのをがまんするのが、大変でした。

 

そして迎えた本番、第1部から大きな拍手をいただきました。最後まで集中力を切らすことなく歌い、アンコールでは再び「そうらん節」を歌いました。佐藤一昭先生と原恵子先生、合唱団員一つになってプラハ・スメタナホールで歌えたことの幸せを、感じました。

海外の舞台では、毎回予期できない困難がつきものです。でも、今回も工夫したり、我慢したりしながらよい演奏会にしようとする、団員のすてきなハートに触れ、気持ちも温かくなりました。

第2部は、ベルリンに続き横島マエストロ、チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団、蔵野蘭子さん、日野妙果さん、西村悟さん、平野和さん、という豪華な出演者の方々で、「交響曲第九番」が始まりました。すごい!! 思わず観客になってしまい、その音に入り込んでしまいました。(どっぷり聞いていて、自分が歌うところを慌てて思い出すことも)お客さまも皆さまじっくり聞いてくださっているのが、舞台からわかり、一つになっていると感じました。

アンコールは、「モルダウ」でした。オケの前奏が鳴っただけで、もう涙が止まりませんでした。鳥肌が、立ちました。その音は、チェコのオーケストラだけが出せる音だと思いました。それは、滞在中毎日見ている川の流れそのもので、チェコの歴史そのものだと感じました。

いつも一緒のメンバーはお休みだったので、一人参加でしたが、先生方や団員皆さまとたくさんお話しができて、よくしていただき、すばらしい演奏旅行となりました。

番外編

今回のツアーで

 うれしかった。なんと言っても「幸せそのまんまのKさん」の結婚のお祝いをできたことでした。こんな出会いが人生の中にあるんだ!すごーい!私もうれしかったですよ、Kさん!

びっくりした。プラハで利用した地下鉄のエスカレータ。早い!急傾斜!長い!もう、早いと言ったら早い。ピョンと飛び乗る、さっと飛び降りるっていう感じです。でも、おばあちゃまも、つえをついたひとも、子どもを連れたお母さんもへいきです。後ろを向きで彼女と話している男の子もいます。私は、完全に腰が引けていました。

 美味しかった。一番最初にチェコで食べたクラッカー。チェコ航空の機内で出た、塩とチーズがきいたクラッカーなのですが、美味しかったのでお土産にしました。ビールに合うわ、と皆さんに好評でした。

安くて美味しいビール。たくさん飲めない私ですが、いろいろ試してみました。味が濃いお料理が多いので、合うんです!最後に、フランクフルトの空港でもいただきました。

 美しかった。音楽が聞こえてくるような風景。旅行者の私に親切にしてくださったプラハの人たち。小学生の時、テレビで見た体操の女王、民主化のためにおくられた厳しい人生をひめたチャフラフスカさんの笑顔。

2011年7月
« 6月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031