­

皆様、こんにちは。こにでございます。さぁ、いよいよ出発です(^o^)。楽しい旅にしましょーねー(^^)/。長らく御愛読頂いた【こにめも】、最終回はベルリンでのお土産のお話です。
 
## いつもの通り、掲載している写真は、ウィキメディア・コモンズの
## フリーユースのものと、こにさんの写した写真ですん。
 
海外でのお買い物(^^)、男の子のお買い物は点と線、女の子のお買い物は面と言いますが(笑)、車社会の米国では点と線になっちゃうけど、欧州の街では男の子だって面のお買い物+散策でありたいもの。こにさんの最近の楽しかったお買い物は、ロンドンはポートベローのアンティーク街で、露天を冷やかしながらの散策+カフェでゆったり休憩しながらというお買い物で買った懐中時計ですねー(^^)。 
               
       ロンドンのポートベロー                かいちゅうどけい

 
ベルリンでもクーダム地区やウンターデンリンデン通りを散策しながら、ちょいと気に入った物を買うという時間を過ごしたいと思ってますん(^^)。ありがたいことに、べしさんが、とっても美味しいバウムクーヘンや、ベルリン名物のアンペルマン、そしてベルリン随一のデパート「Ka de We」(カーデーヴェー)を紹介して下さっているので、もうポイントは押さえたも同然。これにベルリンの壁のかけらを揃えれば完璧かも(笑)。こにさん、早速、お友達から “Hmmmmmmm… Baum Kuchen…Hummmmm”とゆーメールを頂いているので、はずせないしー(爆)。 
  
     ばうむくーへん         あんぺるまん/ふらう       べるりんのかべ
  
あ、「ベルリンでドイツ衣装買って、着て見せてねー(^^)/」って声も聞いております(^^;)。こにさんのサイズだと子供服売り場に行かなきゃなりませんが(笑)、なんかアップリケついた男の子服ってのも、また味が出ていーかも(爆)。そーなったらもー、ドイツ名物の半ズボン・レーダーホーゼン(Lederhose)もいっちゃう?(爆)。 
                 
  
それと、べしさんの寄稿にもありましたが、ベルリングッズといえば熊。ベルリンの市旗も市章も黒熊さんがあしらってあるように、熊さんはベルリンのシンボルですからねー。こにさん、他のお友達から「ドイツ行くならSteiffのぬいぐるみ買ってくるよーに(-.-)」とゆー指令も頂いております(^^;)。「でも、熊以外ねー(^^)/」だってさ(笑)。  
   
     ベルリンの市旗         ベルリンの市章        Steiffのぬいぐるみ
  
おー、それからドイツといえば森の文化。木彫り細工なんかもいーかも。ミュンヘン行った時、身長80cmくらいの、くるみ割り人形買いました(^^)。連れて帰るの大変でしたが(^^;)、評判良かったですねー。ヘルベルト君と命名されて、お贈りしたおうちでは、毎年クリスマスにお出ましになるようです(笑)。そうそう、クリスマスといえば、ウィーン公演の時に文字通り味をしめたホット・ワイン(^^)。ドイツにも独自のものがあるようなので、今年のクリスマス用に買って帰らねば! 
            
          くるみ割り人形くん達         ホットワイン(グリューワインと言うそうです)
 
あと、ヲタのこにさんらしく、CDとDVDの話(笑)。ベルリンでクラッシックCDやDVDを買うぞーって方もいらっしゃると思います。CDはまったく問題ないんですが、DVDはお気をつけ下さいね。ヨーロッパのリージョンコードは日本と同じ「2」なんですが、信号方式が違うので(日本はNTSC, 欧州はPAL)、日本の普通のDVDプレーヤー/テレビでは再生できません。まぁ、日本の家電量販店で、安価なPAL対応のDVDプレーヤー(PAL信号をNTSC信号の変換して出力してくれる)を入手できますから、心配ないといえばないんですが、贈り物にすると問題になるかもしれませんので(笑)、念の為(^^;)。
 
でもやっぱ、こうした御当地のお土産って、ベタなものの方が旅の思い出のよすがになっていいな。こにさん、人へのお土産もいろいろ選びますが、自分のお土産は、御当地のベタ小物(笑)。ミュンヘンから連れ帰った男の子と女の子、オランダはユトレヒトから連れ帰ったミッフィーの木靴(笑)、ウィーン公演の時に連れ帰ったウィーン・クリスマス市のオーナメントなどなど、こうやって並べていくと、なかなか楽しいですよよん(^^)/。さて、ベルリンのお友達は何になるかな?(^^)。  
              
  
そうそう、会社勤めの方は、オフィスへのお土産も必要かな?大体、空港のチョコレートになりがちなんですが(^^;)、ただねー、空港で買うと荷物増えちゃうんですよねー。実は異様に高いし(笑)。こにさんの経験則から言って、早めに市内で買って、スーツケースに詰めちゃうのがお勧めです。
 
或いは、ツアー参加の皆さんのお手元に届いている「世界のおみやげ通販」!。パラパラっと見てみましたが、結構ドイツ土産としていいもの載ってます。会社へのお土産は通販にまかせて、御家族や大切なお友達へのお土産選びに、現地での貴重な時間を使うというのは、スマートな発想かもです(^^)。この通販を通じて買うと、その金額の一部が寄付金になりますしね(^^)。
 
それにね、近畿日本ツーリストの添乗員の方から、現地でお話があるかもしれませんが、特に帰路ロンドンのヒースロー空港でトランジット(乗り継ぎ)される方、ヒースローのone-bag rule(機内持込はバック一個だけ)って、すっげー厳しいですから、あまり沢山空港でお買い物しない方が無難です。
 
2008年1月から少し緩和されたいう噂を聞いてますし、こにさんはヒースローでのトランジットのセキュリティチェックを経験したことないので、正確なところはわからないんですが(すんません)、2年前ヒースローから飛ぶ時のセキュリティチェックでは、とにかく頑なにバッグ1個しか機内持込を許しませんでしたからねー。一緒に旅行した友人が、他国のノリで、ショルダーバッグと手提げの袋を持ってセキュリティを通ろうとしたら、One Bagしかダメっと厳しく指導されて、あわてて大きめのバッグを空港ショップに買いに走る、とゆー一幕がありました(^^;)。
 
いずれにせよ、本人も楽ですから、機内持込荷物は最小になるように、ベルリン市内で早めのお買い物をして、スーツケースに入れることをお勧めしますー(^^)/。ただ、チェックイン・バゲッジの重量制限にも注意して下さいねー(^^;)。これも結構厳しいですから(^^;)。
 
ところで、お土産と言えば、持ってくお土産、ドイツ国際平和村への寄付品を、やっとこさ買いに行けました(^^;)。なんだかここんとこバタバタしてて、今日になっちゃったんですが、こにさんってば、会社帰りに背広姿で、子供用の下着をどっさり買い漁る、とっても怪しいおじさんになってましたねー(^^;)。大体、奥さんも子供もいないから、子供用の下着なんか買ったことないしー(笑)。警備員のおじさんの視線にキョドったりして(ますます怪しい(爆))。ま、それはそれとして、皆様もお志をベルリンにお届け頂けると嬉しゅーございますー(^^)/。
 
ではでは、皆さん、御一緒に、ベルリンで楽しみましょーねー(^^)/
【こにめも】長らくの御愛読、本当にありがとうございました(_._)(^^)
 
ではではー(^^)/
こに
 
p.s. このブログの過去の記事の読み方について 
このブログは最新の10エントリーだけを表示するようになっているので、そのままでは過去の記事が読めません。ベルリン関係の過去に記事を読みたいなと思った時は、右の「カテゴリー」から「ベルリン」を選んで頂くと、【こにめも】のバックナンバーを含む、すべてのベルリンツアー関係の記事が、全部一度に表示されます(^^)/。出発前に、改めてコンツェルトハウスの紹介記事や、ベルリンの壁の歴史の話ベルリンの名物料理の話や、観光地の話ベルリンの舞台の話など、読んでおくと、お役に立つこともあるかと。どうぞお試し下さい(^^)/

zp8497586rq
2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031