­

皆様、こんにちは。こにでございます(^^)/。
 
ふたつ前の書き込みの「ファッションズ・ナイト・アウト」って、楽しそうですねー(^^)。お目にかかった方はお分かりの通り、こにさんは典型的な野暮野暮ですが(^^;)、その分、綺麗なもの、可愛いものを見るのは大好きで、女の子のお友達に、いっせた~んなんかのお買い物につきあわされると、一緒になってハシャいでたりしますから(笑)。宵もほどよく涼しくなってきた、今日このごろ、是非お出かけくださいませ(^^)/。
 
さて、【こにめも】の方では、前回は腹ごしらえの話をしたので、今日は腹ごなしの散歩の話をしましょう(笑)
 
海外に出て、食事の選択と同じくらい困るのが、その街の土地勘が無いことなんですよねー。ガイドブックの地図や、宿泊してるホテルで地図を貰うことはできるんですが、ちょっと待て。そもそもあたいはこの地図のどこにいるんだっけ?(^^;)、って目にあったことあるでしょ?あるでしょ?あるよね?あたいだけじゃないよね。。。。(/_;)
 
なので我々が泊まるホテルはベルリンのどのあたりにあって、チャリティーコンサート会場のコンツェルトハウスや、お目当ての観光スポット/レストランはどのあたりにあって、距離はどれくらいで、交通手段は何があるの?くらいは事前に知っておいたほーが無難です、って当たり前ですか、そーですか orz.
 
では、まず、自分が泊まるホテルの場所を確認しませふ。ツアー資料に同封されていた近畿日本ツーリスト様の「ドイツ」とゆー小冊子、その36ページ/37ページに見開きでベルリン市街図が載ってます。それを見て頂けますか?
 
真ん中に大きな緑の公園がありますね。これがティアガルテン。今回、基本プラン、2つのアップグレードプランによって、3つのホテルに分かれて宿泊するわけですが、そのうち2つはティアガルテンの左下あたり、クーダムと呼ばれる旧西ベルリンの繁華街近くにあります。で、もう一つはティアガルテンの右(こちらにお泊りの方は、ページをめくって41ページの地図を見てください)、ウンターリンデンと呼ばれる旧東ベルリンの目抜き通り近くにあります。
 
で、コンサート会場となるコンツェルトハウスは?というと、41ページの地図の右の方にありますね(^^)。
 
泊まるホテルとコンツェルトハウスの位置関係を把握したら、あとはここをクリックして下さい(別ウィンドウが開きます)。Googleマップを利用したベルリンの観光地が一目でわかるサイトです。いやぁ、ありがたい(^^)。先ほど確認したコンツェルトハウスは12番のジャンダルメン広場にあります。ティアガルテン(動物園とか書かれてますが^^;)とコンツェルトハウスの場所をとっかかりに、この地図上で、御自分のお泊りになるホテルの場所も大体見当がつくと思いますので、それぞれお目当ての観光スポットが、どっちの方向のどのあたりにあるのかが把握できると思います。
 
観光スポットといえば、ドイツ観光局のサイトのこのページ(別ウィンドウが開きます)は、同様の観光スポットマークが並んでて、各観光スポットを、過日の記事でご紹介したのと同様、360度ぐるぐる眺め回せます(^^)。新しいウィンドウが開いたらCity Viewsのプルダウンメニューから"Berlin"を選んでください(^^)/。
 
あと、JALのJAL MAPは、とても詳細に観光スポットやお店を紹介してくれているので便利ですよ。え?JAL MAPにベルリンってあったっけ、って?あるんですよー。ベルリンへの直行便が無い為か、確かに「ベルリン」というタイトルのJAL MAPは無いんですが、「フランクフルト」にベルリンの詳細地図が含まれてるんですねー(笑)。ここをクリックして(別ウィンドウが開きます)、地図17, 18, 19を選択してください。ちなみに地図19(ウンター・デン・リンデン)の右上隅の方に、この前の【こにめも】でご紹介した「ココロ・ラーメン」も載ってます。よし、これで、こにさん、ココロ・ラーメン行き決定だな(笑)。
 
さて、行きたいところが決まったら、早速、移動です。小冊子「ドイツ」の26ページ/27ページにも見開きで紹介されていますが、ベルリンの公共交通機関って、こんな感じ。
       
ロンドンもパリも東京もそうですが、まず、街の中心部をぐるりと囲む環状線と、それを横切る路線があって、それを縦横に結ぶ路線が何本も走っていますね。ベルリンの場合、この環状線と横切る路線がSバーンと呼ばれる地上を走る路線、縦横に巡っている路線がUバーンと呼ばれる地下鉄。なんだ、東京の山手線/中央線と東京メトロの関係じゃん(^^;)。っとゆーことはー、今、毎週違う練習会場へJRと地下鉄を乗り継いで集合練習に参加してるのと同じ感覚(笑)。なので、練習に参加されている方は全員、ベルリンでも困ることは無いとゆーことですー(^^)/、って、ほんまかいな(^^;)。
 
ちなみに、この路線概要図はウィキメディア・コモンズで公開されているフリーユース素材なんですが、最新の詳細路線図はこちらを参照して下さいねー。(ベルリン交通局の路線図PDFファイル(2009年8月31版)が別ウィンドウで表示されます)
 
でも、これだけじゃ地図と路線図の関係がわかんないよねー(T_T)。そーゆー時のgoogleマップ。ここをクリックして下さい(別ウィンドウが開きます)。もう見慣れたベルリンの市街図が路線図入りで表示されます。これで、お目当ての観光スポットの最寄駅をチェックして、さっきの路線図で、Uの何番に乗って、この駅でUの何番(又はSの何番)に乗理り変えてー、という確認をしておけばいいのですが。。。まぁ、ふつー。そこまでやらないわな(^^;)。
 
現地に行って、駅で路線図貰って、あっちだー、こっちだー、Uの何番だー、Sの何番だーっと冒険するわけですが(笑)、これがスタンプラリーみたいで結構楽しい(笑)。路線乗換の掲示は、とてもしっかりしているようなので、迷うことはないと思います。駅名も、ドイツ語は、かなりローマ字読みに近いから、ウィーンやミュンヘンでの経験から言って、社内アナウンスも、注意してれば聞き分けられそうだし。万が一、乗り過ごしても逆方向に乗り換えて戻ってくればいいだけだしー(笑)。
 
これがねー(っと余談モード)、パリのメトロだと慣れるまで大変でね(^^;)。まず駅名を発音できない(^^;)。だから社内アナウンスがあっても分からない(^^;)。そもそも各路線の行き先表示は終着駅の名前だから、今乗ってるメトロは、ほんとに行きたいところに向かってるのかどうかさえ分からない(^^;)。(こにさんが初めて東京に出てきた頃、地下鉄に乗って「東大島行き」なんて言われても、どこよ?それ?(^^;)、と思ったのと同じです)。だから、初めてパリのメトロを利用した時は、まず車両に乗り込んだら、ドアの上に掲示されてる、乗ったメトロの路線図を確認して、あとは、ずーーーーーーと、窓の外をガン見して、止まる駅、止まる駅、駅名を確認してたものです(^^;)。
 
あとね(更に余談モード)、ガイドブックには「パリのメトロは、各乗換駅の乗換掲示がしっかりしているから、初めての人でも大丈夫」とか書いてあって、ええ、そうですよ。本当にしっかりしてて大丈夫だったんですが、なんせ歴史の古い地下鉄ですから、駅によっては路線の乗り換えって、くねくねくねくねした細い連絡道を延々と歩いたりするんですよね(^^;)。そりゃ掲示がしっかりしてるよ、掲示が無かったら、絶対パリっ子だって、無事には乗換られそうにないもん(^^;)、っと思いました、はい(笑)。
 
ベルリンの地下鉄は、そゆことないと思いますー。
 
で、この地下鉄を乗りこなす時に役にたつのが、ベルリン・ウェルカムカードベルリン・シティツアーカード。国境なき合唱団のウィーン公演ツアーに参加された方は、覚えていらっしゃると思いますが、丸3日間、公共交通機関(地下鉄、バス、トラム)乗り放題のウィーン・カードというのがありましたよね。あれのベルリン版です。
 
どちらも、48時間、72時間、丸5日、という種類があって、ウィーン同様、最初に使う時に、駅の刻印機でガチャンと刻印した時間から各々の期限まで、Sバーン、Uバーン、バス、トラムなどが間乗り放題になるようです。ベルリン到着が月曜の夜で、出発が土曜ですから、5日間のを買うのが、余計な手間がかからなくて良いかと。ゾーンABと、ゾーンABCという選択がありますが、Cはベルリン郊外まで脚を伸ばす人向け。市内観光なら、ゾーンABで充分だと思いますー。
 
あ、初めての方、ベルリンには改札機ってのは無いようです。プラットフォーム向かう階段口とかプラットフォームに、写真のような刻印機があって、自分で刻印する必要があるので御注意下さいね。刻印無しで車掌の検札に見つかると罰金みたいですー。
             
             刻印機(wikimedia Commonsより)
 
とまれ、出かける時は、地図と路線図をお忘れなく。あと、念の為、ホテルのカードを持っておくと安心ですよ。本当に道に迷っちゃった時は、やみくもに地下鉄に乗るより、タクシー乗り場でタクシーをつかまえて、ホテルのカードを見せるのが、簡単かつ確実です。では、楽しいベルリン観光をしましょーねー(^^)/。
 
ではでは、またね
こに

 

      
というお知らせが「実行委員会からのお知らせ」に載りましたねー(^^)。
こちらが10/19の週の公演予定こちらが「国境なき合唱団」の公演告知ですー。
 
ウィーンの時もシンガポールの時もそうでしたが、自分達の名前が海外の素晴らしいホールに出てるのって、なんか、すっごくうれしーo(^^)o。いよいよ世界的にオフィシャルです。楽しく頑張っていきましょー(^^)/。

 
こに

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930