Home > 2009 > 7月 > 04
­

土曜の朝、いつもの週末のように、がーーーーーっと朝寝してたら、ピンポ~ンっ、配達で~す。うみゃ?あまぞんで頼んだ本でも届いたか?、と眠い目こすりながら起き出してみたら、おぉ!、ベルリンコンサートツアーの書類一式じゃあ~りませんか!(^o^)。ウキウキ気分にいっぺんに眠気が覚めましたん。わーい。申込み済の皆様のところにも、もう届いているか、おっつけ届くと思いますー。
 
こうして書類を手に取ると、ホントに行くんだなー、ベルリン、って気がします(笑)。いろいろとオプショナルツアーもバラエティに富んでて楽しそう。なかでもこにさんが気になってた23日、つまり本番翌日夜のオペラ、コンサートのチケット手配も、オプションに入っているのは嬉しい(^^)。
だがしかし、フィルハーモニーでベルリン・フィルを聴くのと、ベルリン国立歌劇場でハリー・クプファー演出の「サロメ」を観るのと、ベルリン・ドイツ・オペラでマラーホフ率いるベルリン国立バレエの「白雪姫」ドイツ初演を観るの選択って、きゅーきょくの選択だと思いませんか!?(^^;)
 
こにさん的には、すっごく「白雪姫」に魅かれるのだが。。。振付はコンテンポラリーで有名なアンジェラン・プレルジョカージュ、音楽はグスタフ・マーラー、衣装がジャン・ポール・ゴルチエだもんなぁ。マラーホフは出ないと思いますが、作品としてすっごくそそります。でもなー、ハリー・クプファーのサロメって凄そうだしなー、国立歌劇場、入ってみたかったんだよなー、いやいや、入ってみたかったと言えば、フィルハーモニーでしょー、ベルリンフィルを本拠で生で聴けるんだぞー、っと、想いは千々に乱れるわけで(笑)、ま、ゆっくり考えましょう(^^;)。

 
コンサートの第一部「日本の歌・ドイツの歌」の楽譜も入ってますー。第九の楽譜はもう持ってるから、これで全部。第一回の出発前練習会は8月15日(土)の午後ですか。皆様にお会いできるのを楽しみにしていますー(^^)/
 
で、恥ずかしながら「ベルリンの風」って曲、知らなかったのです(^^;)。ツアーパンフレットの曲目を見て、千の風の親戚かぁ?などと、アホなこと思っておったのですが(^^;)、”Das macht dir Berliner Luft”と楽譜の標題に書いてある。ふむ。「行進曲 ベルリンの風」ですか。
 
で、ネットで調べて見たら、いやー、こんなに有名な曲だったんですね(^^;)。ごめんなさい、すみません。パウル・リンケのオペレッタ『ルーナ夫人』(1899)の曲で、ベルリンフィルが、毎年6月のヴァルトビューネ野外コンサートでアンコールの最後に演奏する、いわばウィーンフィルのニューイヤーコンサートにおけるラデッキー行進曲と同じくらい、愛され親しまれている曲で、ベルリンの市歌にまでなっているとゆー。
 
まぁ、これを観てください。この曲を皆でコンツェルトハウスで歌うのって、最高に楽しそうです!

ではでは またね
こに

zp8497586rq
2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031