­

5月9日、平城遷都1300年をむかえた、奈良平城宮跡第一次大極殿正殿前庭で行われた、平和への讃歌~ピースメッセージ~に参加しました。集まった団員は17名。「お久しぶりです」まさか、奈良で皆様と一緒に歌うことができるとは、思ってもいないことでした。それも、大極殿正殿という、今で言えば国会議事堂前にあたる場所で、正面に朱雀門、その先には幾重にも重なる八重垣の山々。吉野奥山まで見えました。イベントは、天平衣装の人たちの入場で始まりました。その後、さまざまな宗教の代表の方々が、祝詞や、三帰依分、散華、般若心経などをあげられました。そして、幼稚園児が「花まつり」を合唱。大きな声で、平和宣言をしました。未来に残したい文字は、書道甲子園の優勝チーム愛媛三島高校書道部により舞台でしたためられました。文字は「和」。それから、『平成の縷』のお披露目。『縷』とは、752年大仏開眼供養の時、大仏と参列者を結んだ紐です。(目を入れた筆と参列者を結んでいたそうです)1671人の人が染めた布を、1万人の人が指編みで作りました。私も9346人目です。そしていよいよ、サプライズゲスト、奈良県出身の山本潤子さんの登場。2曲歌った跡、いよいよ合唱団400名が登場。一緒に「翼をください」を歌いました。広い平城宮跡の上に広がる大空に向かって、「自由な空へ飛んでいきたい」と、思いっきり歌いました。そして、最後は全員で「ムジカ」を合唱。歌詞のとおりの世界が目の前に広がっているような気持ちでした。奈良に都ができて1300年目に、一緒に合唱できたこの縁に本当に感動しました。広がる青空。暑い、熱い日になりました。みんなに出会うために来てくださった、奈良の0さん、写真を撮ってくださり、ありがとうございました。  TANABATAのヨッシーでした。

2010年6月
« 3月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930