Home > 2009 > 6月
­

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、近況報告を兼ねたご挨拶です。
このたび私は、5月の新緑の中、縁あって半月ほどドイツを巡ってきました。
ドイツ人の友人の元にお世話になり、東はワイマールから、南はボーデン湖まで、
のんびりとした旅です。
親切で温かい友人とその家族、広大でゆったりとした風景、
何もかもが私にとって、本当に心地よいものでした。

ある日、私はお会いした事もない祖母の家に招待され、
家族全員で歓迎してくれる温かい人たちと、出会いました。
そこで出会った祖父母は、英語が話せない上に、ドイツ語でさえも、訛りのある方言でした。
でも、そこで言葉の壁はあっても、心で分かり合える・・・
温かい笑顔と最高のもてなし・・・そんな体験ができたこと、本当に素晴らしい事です。
これこそ、まさしく 「一期一会」 だと感じました。

外を歩けば、新緑と小さな草花たち、穏やかな木漏れ日、鳥たちのさえずり、そよぐ風、
ぬけるような青空、ゆうゆうと浮かぶ雲、遠くから聞こえてくるバイオリンの音色・・・。
教会では、ひたむきに練習し続け、荘厳な音色を奏でるオルガニストとの出会い。
どれもが今、私にとって最高の心の財産です。

数々の美しい文化や名曲は、こんなすばらしい環境の中で生まれ、
皆に愛され育まれてきた宝物であり、今もなお街に村にそして人々に、
偉大なる彼らの心が息づいている・・・
そんな風に感じ、ほんの少し彼らに近づけたような気がして、うれしくなってしまいました。

貴重な体験と、人と人との出会いや不思議な繋がり全てに感謝です。

そして、次回はベルリンです♪
はたまた、どんな感動が待っているのかと思うと、ひとりでに顔が緩んでしまいます。
この合唱団で、かけがえのない友人と出逢えた事は、間違いないのですから。
早く、感動の再会を果たしたいと、今からワクワク♪

これからも、私の感動と感謝の日々は、まだまだ続くようです。
近々、みなさまにお目にかかれる日を、楽しみにしています。
よろしくお願いします。

TANABATAのyasukoより

第1回のウィーンに参加した時、私は一人でした。
JALの機内誌で見つけたこの合唱団に参加を決めるのに、
あまり時間は必要ではありませんでした。
「歌いたい」、「なんとかなるさ」この二言が決めてでした。

なんとかなりました。
大人になって、こんなに多くの方々に出会い、
励ましあい、感動し、助け合うことがあるなんて、
正直、思ってもいませんでした。

だいじょーぶです。
きっと素敵なお友達に出会い、
一人部屋は、東京でのお稽古の間に二人部屋に変わります。
そのためには、
第一回目のお稽古には、参加すること(皆さんとの距離がぐんと近くなります)
出会った人には、「こんにちは」とご挨拶すること(次回からのお稽古が、待ち遠しくなります)
これだけで充分です。

(第一回目のお稽古に出ると、感激もあるんですよ。

昨年のお稽古初日、日本の歌を初めて歌った時でした。

ほんとに最初だったのに、1回目でばっちりのハーモニー。
「おぅー」と、感動のため息が出ましたね。
皆さんお忙しい方ばかりなのに、ちゃんとお稽古してこられる。
これも、この合唱団のすばらしいところです)

結構人見知りする私なのですが、ウィーンの第1日目に、
朝食のテーブルで出会いがあり、
シンガポールで二人部屋になりました。
かけがえのないお友達になりました。

一人でも、だいじょうーぶですよぉー!

追伸
こにさんはじめブログに登場されている方々、
いつも飛行機の時間を気にしてすぐに帰ってしまう私ですが、
今年こそ、お話したいです。
TANABATAのYOSSYより

zp8497586rq
zp8497586rq

皆様、こんにちは。一昨年のウィーン、昨年のシンガポールで御一緒させて頂いた、小西でございます(^^)/。今年も早々に申し込ませて頂きましたが、参加人数も90名を超えて、ツアー催行決定とのこと。まずはめでたいo(^^)o。今年もどうぞ宜しくお願い致します(_._)。

実行委員長の王野さんによると、まだまだ参加者大募集中。ウィーンの時の300名とまでいかなくても、200名以上でベルリンで第九を歌いたいですねぇ、とのこと。ここをお読みの方で、まだ参加申込みはしてないけど、どしよかな?と思っておられる方、是非一緒に参加してベルリンで第九を歌いましょう!(^^)。

さて、過日、昨年のシンガポールツアーの体験記を。このブログに寄稿させて頂いたら、ありがたいことに、なんだか好評だったようで、王野さんから、「小西さぁん、いやさ、こにちゃ~ん、ベルリンツアーも決まったことだし、ここらでまたなんか書かない~o(^^)o」との御連絡を頂きました。「え~、いーですけどぉー(^^;)、なに書けばいーですかー?」 「ふり~だむぅ~!o(^^)o」 「がーーーー!(^^;)」。現実にこういう会話があったわけではありませんが(笑)、ノリはもうそんな感じでしたね(^^;)。有り体に言えば事務局のまわしもの?(笑)、いーえ、ただのボランティアです(笑)。素直に思うところを書いていけばよいかとo(^^)o

っというわけで、僭越ながら、小西こと「こにさん」のメモということで、【こにめも】と題しまして、本番までの4ヶ月間、折りに触れて、国境なき合唱団のこと、第九のこと、日本の歌のこと、練習のこと、などなどを、一週間に一度くらいのペースで、のんびりと書かせて頂ければと存じます。お楽しみ頂ければ幸いですし、参加しよっかな?どしよかな?っと思っておられる方にも読んで頂ければ幸いに存じます。どうぞよろしくおねがいいたしまぁす(^^)/。

え?何?肝心のベルリンの話はどしたって?。。。(^^;)
それがですな、え~、こにさんドイツはミュンヘンとシュツットガルトに行ったことはあるのですが、ベルリンは行ったことないので、皆様の参考になるようなこと書けないのですよ(^^;)。あまつさえ、ベルリンと聞いてまず思い浮かぶのが、カラヤンよりもジョン・ル・カレという輩ですし(__;)。

でも、そうですよねー。皆さんが一番関心あるのはベルリンの現地情報ですよねー。なんて思ってたら、なんだ、ベルリンに適任がいるじゃん、っということに思いあたりました。先日のオペラ公演(こにさん合唱でオペラに出たの)で、大変お世話になり、懇意にさせて頂いたベルリン在住の日本人の方。早速、彼に連絡を取って快諾を頂き、現地からベルリン便りを書いて頂けることになりました(^^)/。多忙な方なので、そう頻繁には寄稿できないと思いますが、おっつけ挨拶もあると思います。どうぞ宜しくお願い致します(^^)。

よしよし、これで準備だけはおっけだな(笑)。

さて、初回の今日は、こにさん的国境なき合唱団シンガポール公演の後日談などさせて下さい。
(この書き込み、さっきのとこで終わると思った?思った?(笑)。終わらないんだなー、これが(笑))

過日の寄稿で、「ウィーン公演の時、仲良くなった方に「楽友協会で歌うのは50年の人生の総決算ですよ」と申し上げたら、「なに言ってる。これが始まりでしょ。」と言われ、うむ、そうかも と思った」という話をさせて頂き、昨年のシンガポール公演をきっかけに、大学卒業以来26年ぶりに、また合唱を始めて、本当に始まりになったという話をさせて頂きましたが、まさしくこの国境なき合唱団は、こにさんの人生に大きな転機を与えてくれました。

一昨年の9月中旬、ハノイ出張から帰るJAL機内で、国境なき合唱団の機内誌広告を見たのがきっかけで、20年もの間ぜんっぜん歌ってないけど、20年ぶりに合唱やってみよっかなー、楽友協会で歌えるなんて一生で一度のチャンスだしー、くらいの気持ちで参加した国境なき合唱団。

優しく楽しい合唱指導の佐藤先生、ピアニストの原先生との出会い。歌を歌う人達って、こんなに気持ちいい人ばかりなんだー、という素晴らしい参加者の方々との出会い。そして何事にも陽気でポジティブな実行委員長、王野さんとの出会い。そんなとっても楽しい方々と第九を歌いに行った、ウィーン、そしてシンガポール。仕事や観光で何度も出かけたことのある街での滞在が、「第九を現地オケとステージで歌う!」という目的ある旅となると、まったく違った充実感で満たされます。

そもそも100人単位で海外でなにごとかを成し遂げる機会なんて、そうそうあるもんじゃありません。現地を初めて訪問される方もいらっしゃれば、何度も訪問して詳しい方もいらっしゃる。現地の言葉を喋れない方もいらっしゃれば、ペラペラな方もいらっしゃる。毎年どこかで第九を歌っている方もいらっしゃれば、今回が初めてという方もいらっしゃる。日本全国から集まった、そんな色々な方々が、出発前の週に一度の練習会を通じて、どんどん仲良くなっていき、現地で友達通しとして助け合って、本番のステージに乗る。歌の力というより、歌いたい!という気持ちさえあれば、こんなに凄いことが、こんなに楽しくできるんだ、という驚きに近い嬉しさです。

[御馴染み、ウィーンでの本番の写真。こんな経験が出来る機会なんて、めったにありませんよ]

ウィーンに行った方が、シンガポールに、今年のベルリンにとリピーターになるのは、とても良く分かりますし、昨年のシンガポールは参加できなかったけれど、今年のベルリンにはまた参加するという方の気持ちも良く分かる。今年初めて参加するという方は、ちょっと不安に思ってるかもしてませんが、そんな心配は全然ありません(^^)。海外に出れば、ほっといても助け合うようになり友達になるという事をつぶさに見てきました(^^)。第九が初めてという方も心配ありません。一昨年も昨年も第九は初めてという方もいらっしゃいましたが、本番では存分に歌っておられました(^^)/。そして、公演ツアーで生まれた友達の絆は、一生の宝物となります。

[シンガポール公演の打上げの写真です。この写真に映っている半数の方々は、シンガポール公演が初参加。練習会までまったく知らない仲だったのに、こんなに仲良くなって,今も楽しいおつきあいが続いています(^^)]

更に私の場合、これがきっかけで、いろんなことが始まりました。

まずネット(笑)。この国境なき合唱団のmixiコミュニティを立ち上げてくださった団員の方がいらしゃって、そこを覗く為に、神代の昔のパソコン通信の時代から凡そ10年ぶりにネットコミュニティに復帰しました。20数年来のネット仲間とのつきあいをmixiに移し、新しい仲間も増えてきてます。

次に、合唱団。シンガポール公演をきっかけに、合唱指導の佐藤先生、ピアニストの原先生が指導され、ツアー参加者の何人かが所属している合唱団に誘われて入団したのですが、その合唱団の雰囲気が国境なき合唱団の優しく楽しい雰囲気そのままで笑)。今年9月の定期演奏会に向けて、毎週ワイワイと練習と宴会を(笑)楽しませて頂いてます(^^)。

そして、オペラ。昨年の12月、佐藤先生が合唱指導をされるオペラ公演に、合唱の一人としての参加を誘われて、先の5月にフルオケ、トリプルキャストの3日間全幕公演に出演いたしました(笑)。演目は、あろーことかワーグナーの「パルシファル」(^^;)、こにさんの役どころは聖杯騎士の一人です。いやぁ、オペラの合唱があんなに大変なものだとは知りませんでした。4月、5月休日は全部稽古というハードスケジュールでしたが、振り返ってみると、とっても楽しかったし、物凄く勉強になりました。で、ここで知り合った合唱参加の方々や、プロのソリストの方々、スタッフの方々と、公演が終わった今も懇意にさせて頂いております。また人生の宝物が増えました(^^)。

これらがすべて、JALの機内誌広告から始まったのですから、人生って不思議です。もちろん最初は迷いましたよ(^^;)。第九なんて20年も歌ってないし、そもそも発声練習を20年以上やってないし、仕事の関係で出発前練習に全部出られるかどうか分かんないし、暗譜だっていうし、お金ないしー(^^;)。でもね、あの時「歌ってみたいな♪」という気持ちを優先して、思い切って飛び込んで本当に良かった。一歩踏み出せば、世界は人生は変わるんですね♪

今年のベルリンは、どんな素晴らしい出会いが待っているのでしょう?(^^)。今から練習が始まるのを、とっても楽しみにしています。参加の皆様、どうぞ宜しくお願い致します(^^)/。参加しようか、どうしようか迷っている方、是非、御参加頂いて、一緒に楽しませて頂ければ幸いです(^^)。

ではでは、またね。
こに こと 小西紳介

zp8497586rq
zp8497586rq

みなさん、こんにちは。
「国境なき合唱団」07、08とアルトで参加した小笠原です。
今年はベルリン!!
パンフレットが届くやいなや、さっそく日程をチェックしました。
「日程に問題なし!問題があるのは私の財布の中身。」
と思いつつも、申込書を送りました。
「なんとかなるさ」の勢いです。

だって、ベルリンですもん。
今から楽しみで、ネットでいろいろ検索したりガイドブックでチェックしたり
ワクワクの毎日が続いています。

すでに参加申込みをされたみなさん、今年もよろしくお願いしま~す!

どうしようか悩んでいるみなさん、ぜひ、一緒にドイツへ行きましょう!
お財布事情が心配な方も、「なんとかなるさ」です!コンチェルトハウスが待ってますよ!

ではでは、練習でみなさんに出会えることを楽しみにしています。

zp8497586rq
zp8497586rq

私は今、本当に感動しています。
行く前からこんなに感動してしまっていて
本番は一体どうなるんだろう…

 

そう思うぐらい感動しています。

 

人と人の心の繋がり、善意の広がり。
こんなにも力を持っているのだと
つくづく実感しています。

 

開催できるかどうかという段階から、
今日の日を迎えるまでには
心配で眠れない日も幾晩もありました。

 

でも何故か絶対に行ける気がしていたのは
「引き寄せの法則」?

 

みんなの祈りと行動がベルリン公演を
引き寄せちゃいましたね!!

 

できるだけ大勢の仲間とドイツ市民の勝ち取った平和を
分かち合いに行きましょう。

 

国境なき合唱団、イエーイ!

 

 ついに本日、「国境なき合唱団2009 in ベルリン」参加ツアーの催行が決定しました。

実行委員会の営業ボランティアの皆さんや、関係各企業、各団体のご尽力に
心より御礼申し上げます!!

一人一人が出来る事を精一杯やった結果が積み重なり結びついて、コンサートという美しい花が咲くのです。

催行が決定した今、できるだけ多くの仲間と最高のコンサートを作り上げるように
力を合わせてまいりましょう。

 

私たちが平和の歌、第九を歌うために訪れるベルリンは、今年壁崩壊20周年を迎えます。
その壁崩壊のきっかけとなった、ライプチヒの無血デモのドキュメンタリーが今夜NHK BS ハイビジョンで放映されます。

是非お見逃しなく!

BShi 6月16日(火)午後8:00~9:30
プレミアム8<文化・芸術>世界史発掘!時空タイムス編集部▽知られざる奇跡の行進

東西冷戦の終結をもたらした“ベルリンの壁崩壊”から20年。
壁崩壊直前の1989年10月、旧東ドイツのライプチヒで、市民7万人の大規模デモが発生。厳戒態勢の中、自由と民主主義を求めて行進するライプチヒ市民。無血デモはベルリンの壁崩壊の導火線となり、独裁者・ホーネッカーを退陣へ追い込んだ。“ライプチヒの奇跡”の真相を、新証言と新たに見つかった映像を軸に明らかにする。ドイツのTVとNHKの国際共同制作。
(NHKオンラインhttp://cgi4.nhk.or.jp/topepg/xmldef/epg3.cgi?setup=/bs/premium8-tue/main より)

「国境なき子どもたち」のサイトで見つけた募金ポータルサイト
「イーココロ!」http://www.ekokoro.jp/

 

のすんばらしいシステムに大感激!

 

寄付先を決めて会員登録して、このサイトを経由してショッピングするだけで、
指定した団体に自動的に寄付できるというのが「ショッピング募金」。

例えばテレビショッピングでよくやっている「スチームモップ」を買おうかな、と思ったら電話で買わずにイーココロ経由で「ショップジャパン」のサイトに入ると、自動的に2.5%が寄付になるのです。 15,000円のお買い物で375円!

 

登録ショップは楽天、高島屋、Dinos、無印など有名ショップから、オフィス用品、パソコンショプ、本やCD、お花、ワインまで莫大にあります。

「アクション募金」という企業に資料請求する事で寄付になるものや、企業のサイトを見る事で寄付になる「クリック募金」などユニークなものもあります。

全部寄付金は企業側が払うので、登録した人が払う必要はないという所が素晴らしいアイデア!

何てすばらしい「たのボラ」でしょう。
どんどんお買い物、しちゃいそう。

 

もちろん、寄付先は私たちの支援先「国境なき子どもたち」をお願いしますね!

今日からいよいよ流れるTOKYO FMのコマーシャル。

半蔵門にあるTOKYO FM の本社ビルのスタジオは、
少し暗めのウッディなインテリアで、窓から皇居が見える
素敵なところでした。

スタジオが暗いのでお顔はよくみえなかったけど
すごく声のハンサムな方で、鳥肌ものでした!

どうぞお楽しみに

12″>

ボランティアの楽しみは人に喜んでいただける事。
「ありがとう」その一言で疲れもふっとびます。

でも毎日の暮らしの中で、無口だったり恥ずかしがりやだったりする人と
一緒だと、ちょっと寂しいもの。

そんな時、このサイトで元気をつけましょう。

「ほめられサロン」
http://kakula.jp/homeSalon/

いやというほど褒め倒してくれます。

ニコニコ笑顔で出かけたら、団員も増えるかしら??!

>

zp8497586rq
2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930