­

 こんなタイトルにすると「小笠原諸島のお店の話か?」と勘違いされる方もいそうですが、私、小笠原が推薦するシンガポールのお店です。小西さんのおすすめを読んで、「ならば私も!!」と書き込ませていただくことにしました。私がおすすめするのは、もっとチープでリーズナブルなお店ばかりですが・・・。どちらかというと大衆食堂っぽさを醸し出しているようなお店です。でも、味は確か。シンガポールならではの味を楽しんでいただけると思います。

 

1.食事

小笠原的No.1  「中国茶楼 Tea house」 チャイナスクエア・フードセンター最上階(MRT南北線/MRT東西線ラッフルズプレイス駅から徒歩約5分)

中華料理店です。1F、2Fはフードコートのようになっています。その最上階にあるこのお店では、ぜひ飲茶を味わっていただきたいです。古き良き時代のチャイナタウンといった雰囲気があるお店です。出来たてのシューマイや餃子、小龍包などなど40種類ぐらいの品物が蒸籠蒸しになってワゴンで運ばれてきます。一皿3シンガポールドル程度です。日本円にすると250円前後といったところでしょうか。  ちなみに英語も通じます。

小笠原的No.2  「ビクトリア・ストリート・フードコート Victoria St. Food Court」 ビクトリアストリート オールソンホテルの横(MRT南北線/MRT東西線シティホール駅から徒歩約5分)

フードコートですので、これこそ大衆食堂、といった感じです。ここはビクトリア通りに面したオープンエアー(半露天?)のフードコートで開放感があります。地元のお客さんも結構多いです。10軒ほどのお店が並んでいて、ここではやはローカルな料理がおすすめです。私はここでプロウン・ミー(蝦麺)を食べてはまりました。プロウン・ミーとは和名にしたならば「エビラーメン」でしょうか。スープもエビの出汁、具にもエビが惜しげもなく使われています。エビのサイズを選べるお店もあります。その場合、大きいエビほど高額になるのは当然のことですが。  ここでは英語が通じない場合もありますが、写真入りのメニューを指させば大丈夫です。

小笠原的No.3  「フィッシュボール・ミー Fishball Mee 魚圓面」 

これは料理名です。名前の通り、かまぼこのような魚の練り物をボール状にした食感の良い食べ物です。福建式のお店だとそのかまぼこの中に挽肉の具が入っています。ラーメンの具として食べたり、麺はナシでフィッシュボールスープとして食べるのも良いです。この料理は、フードコートなどを覗けばきっとみつかります。

小笠原的No.4  「ラクサ Laksa」

これも料理名です。ニョニャ料理と呼ばれるもののひとつです。ようはこれもラーメンのようなものですが、スープに特徴があります。ココナツミルクの入ったスパイシーなスープで、好きな人は結構はまる味です。苦手な人はこれまた、トコトン受け付けないかも・・・。ピリ辛です。麺の種類を選べるところが多いですね。太めの米麺が一般的なようです。

小笠原的No.5  「ロティ Roti」

これはリトルインディアへ足を運ばないと食べられません。インド風パンケーキとでも言うでしょうか。実は私、インドの南東に浮かぶ島スリランカにしばらく滞在したことがあるのですが、そこでもロティは朝食によく食べられていました。小麦粉とココナツを混ぜあわせて焼いたもので、それだけでもおいしいのですが、一般的にはカレーをつけて食べます。現地のカレーは結構辛いですから、その辛さに驚くかもしれません。ノドに良くないかしら・・・。テイクアウトも大丈夫だと思いますが、もし現地で食べるようなら左手は使わないようにしたほうが良いでしょう。左手は不浄の手と考えられていますから。郷に入らば郷に従え、です。

2.お買い物

小笠原的NO.1 「オラテ Olathe」 チャイムス内 (MRT南北線/MRT東西線シティホール駅から徒歩約3分)

このお店は「チャイムス」という複合施設の中にあります。レストランや雑貨店が20店舗ほど入っています。その中央には教会があって、もともとは修道院だったそうです。「オラテ」は、オリジナルバティックの商品がたくさんそろっています。ワンピースなどの衣類から、ランプシェードやバッグなどの雑貨類、アジアンテイストのアクセサリーなどなど、見て回るだけでも楽しめるお店だと思います。 英語OKです。

小笠原的NO.2 「ウーヴェン・ショップ The woven Shop」 タングリン・モールS.C.内 (ホテルから徒歩15分程度)

ショッピングモールの中にあるお店です。アジア各国の上質なインテリア雑貨がそろっています。ウーヴェン・ショップというだけあって、美しい織物や刺繍の入ったファブリックがあります。インド製クッションカバーなら10ドル前後。

小笠原的No.3 「アークA ArkA」 同じくタングリン・モールS.C.内

正式名は「アカアティック・チック・トゥ・チック」。インドやネパールの布を使ったオリジナルデザインの衣類があります。また、キャンドルやアロマテラピー用品もたくさんあります。お店はショッピングモールの入り口近くにあるので、見つけやすいと思います。

以上、小笠原お気に入りのお店を紹介しました。今回も、まだまだ覗いていないお店を探索し、おいしいもの、素敵なものも見つけ

 

合唱ボランティアの皆さんからいろいろなメッセージが寄せられています。

参加の呼びかけ、美味しいシンガポールのレストラン情報、などなど・・・

是非ごらんください!

zp8497586rq

 シンガポールは元イギリス領で、かつアジア貿易の要所という場所柄か、世界

各国の料理が楽しめます。中でもお勧めは中華料理。シンガポールで中華?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、華僑が多いシンガポールでは中華料理
特に広東料理がとても美味しいのです。地元の中華系シンガポール人や欧米
からのビジネス客/観光客を相手にしているだけあって、ひょっとして中国本土で
食べるより美味しいかもというのが私の実感です。ま、単に私の好みに合う味付け
ということだけなのかもしれませんがね(^^;)。

1.ヒルマン

Hillman Restaurant (喜臨門大飯店)
135 Kitchener Road, Singapore 208518
TEL:6221-5073、6296-6901

シンガポール名物のペーパーチキンを食べるならここ。ペッパーチキンではありません。
ペーパーチキン「紙包鳥」。名前の通り鳥肉を紙で包んで揚げた料理です。
中華料理といいながら、こればかりはシンガポールでしか食べられません。
特性のタレでマリネして紙で包んで揚げるので、鳥肉の美味しさが逃げない。
私が試したのは海岸の方にある姉妹店の方ですが、ちょっと忘れがたい味です。
宿泊のホテルからは地下鉄かタクシーを使って行くことになりますが、是非お試し下さい。

2. ジャンボ・シーフード

Jumbo Seafood (珍宝海鮮楼)
East Coast Seafood Centre
Blk 1206 East Coast Parkway #01-07/08, 
East Coast Seafood Centre, Singapore 449883
Tel: 6442-3435, Fax: 6444-5373
Dinner only: 5.00pm – 12.00 midnight 

Home

もう一つシンガポール名物と言えば、チリ・クラブとペッパー・クラブ。(こっちは胡椒の
ペッパーです^^;)。大型の蟹をチリで絡めたチリ・クラブ、黒胡椒で炒めたペッパー
クラブはどちらも豪快で甲乙つけ難い美味。ビールなど飲みながら食べると最高で、
やみつきになる味です。一度は是非。

上の住所は郊外のイーストコースト・シーフードセンターにある本店。沢山の
シーフード・レストランが軒を並べている観光名所のひとつで、タクシーで行く
のが便利かと。(帰りもセンター内のタクシー乗り場があるので大丈夫です)
海辺にどーんと大きなお店で、プラスチックのテーブルと椅子というところですし
指先べとべとにしながら手で食べるのがいいので、汚れてもいい格好で行かれる
ことをお勧めします。人気店ですので予約を忘れずに。

3. レイ・ガーデン (利苑酒家)

Lei Garden Restaurant
#01-24 Chijmes, 30 Victoria Street, Singapore 187996
Tel : (65) 6339 3822
Operating Hours :
Lunch : 11.30am to 3pm
Dinner : 6pm to 11 pm

ラッフルズ・ホテルのお隣。元修道院を改装したレストラン&ショッピングプラザ
Chijmes(チャイムス) http://www.chijmes.com.sg/ の中にある広東料理店。
Chijmesそのものが素敵な雰囲気の場所ですし、この他にも美味しいレストランや
バーがあって夜の散策に絶好の場所なのですが、なかでもこのレイガーデンはお店の
雰囲気といい料理の味といいお勧め。人気店なので予約をお忘れなく。

何を頼んでも美味ですが、なぜか私はここで食べた北京ダックが本場北京で食べた
ものより美味しかった(笑)。あとデザートの亀の甲羅のゼリーもお忘れなく。ゼリーは
ちょっと苦味がするのですが、シロップをかけて食べると絶品で、香港は糖朝のシロップ
かけ豆腐とならぶお勧めデザートです。

4. ガーデン・シーフード (良園海鮮)

Garden Seafood Restaurant (良園海鮮)
22 Scott Road, Singapore 228221

近場でも一軒(笑)
今回のツアーで使うグッドウッドパークホテルの離れにある中華料理店。ヨークホテルも
すぐそばですね。いつ行ってもなぜjかあまりお客さんがいないんですが(笑)、なかなか美味。
シンガポールで初めて言った中華レストランがここでした。初めて言った時はなんだか歴史
を感じさせる内装だったのですが、数年間前に改装して明るい感じになりましたね。
夜しか行ったころがありませんが、昼間は飲茶をやっているようです。
予約なしでふらっと寄るのに良いかと。

5. オリジナル・シン

Original Sin
Blk 43 #01-62 Jalan Merah Saga Holland Village 
Chip Bee Gardens Singapore 278115 
Tel : +65.6475 5605 
Fax : +65.6475 4416 
Lunch: Tuesday to Sunday
11.30am – 2.30pm
Dinner: Monday to Sunday
6.00pm – 10.30pm
http://www.originalsin.com.sg/

こちらはちょっと趣を変えてシックな地中海料理レストラン。街中からちょっと離れた
Holland Villageにある人気店。ちょっとお洒落して出かけるのにピッタリかと。
料理の一品一品にシェフの真心がこもっているような美しくて美味しいお店です。
デザートがまた絶品で、これが店名の由来かも(^^;)。予約が必要です。
ちょっと遠いのでタクシーで行くのがお勧めです。

6.グッドウッドパークホテルのドリアン・アイスクリーム

デザートの話を出したので、シンガポールならではのデザートの話。
ドリアンというのは東南アジア独自の香りが恐ろしくきつい果物で、とっても臭い(笑)
でも美味しい。今回公演を行うエスプラネードの建物も、このドリアンをイメージした
デザインになっています。流石にドリアンそのものを食す勇気はなかったのですが、
グッドウッドパークホテルの地下で見つけたのが、このドリアン・アイスクリーム。
ドリアンの風味だけを残して味付けしたアイスクリームなので、これなら大丈夫。
なかなかいけますのでお試しあれ。

7. ムスズ カリー

Muthu's Carry Reataurant
138 Rece Course Roar #01-01,
Singapore 218591
Tel: 6392-1722
http://muthuscurry.com/

シンガポールには大きなインド人コミュニティがあり「リトル・インディア」と呼ばれています。
この一角に足を踏み入れると、もうそこはインド(^^;)。ここで食べるインド料理は本場
の味です。ムスズ・カリーは南インド料理の専門店で、やや高級ながらいつもガヤガヤ
しているざっくばらんなお店。人気店なので、予約して行かれることをお勧めします。

8.クラーク・キー

レストランの名前ではありません。ラッフルズホテルから南へ(ちょっと歩くのはしんどいかも)。
Singapore River沿いのナイトスポットで、お洒落なレストランやバーが軒を並べています。
リバーサイドと呼ばれるこの地域は昔からシンガポールの人気スポットだったのですが、
最近瀟洒なアーケード作りになったこのClarke Queyは、中でも人気の高いスポットです。
川面に浮かんだ素敵なレストランもありますよ。色とりどりにライトアップされた建物が
川面に映る様子はなかなかのもの。夜の散策にもってこいの場所ですので、是非
お出かけください。

9. セントーサ島

観光スポットの紹介ついでに、シンガポールの南端にあるセントーサ島のご案内。
「島」といっても離れてるわけではなく、ひょいと橋を渡ればセントーサ島です。
バスで簡単に行けるのですが、アクセスのお勧めはFaber mountainから乗る
ケーブルカー。天気の良い昼間は絶景です。

セントーサは島そのものがテーマパークになっていて、スパや各国レストランが揃っています。
詳しくはこちら。 http://www.sentosa.com.sg/sentosadiy/jp/index.html
37メートルという巨大なマーライオンの展望台(夜は目が光る!)やらイルカ・ショーやらが
あって、それなりに楽しい。個人的にはビーチでダイキリでも飲みながらボケーっとしている
事が多かったですが(^^;)

ちなみにオリジナルのマーライオンは演奏会場であるエスペラネードの対岸のマーライオン
ピアにあって、高さは8メートルくらいです。以前は今の場所と高速道路の反対側に
ひっそりと(笑)立ってたんですが、2002年に現在の場所に移設されました。

10. おまけ

シンガポールの目抜き通りオーチャードストリートに高島屋と伊勢丹があります(笑)。
高島屋のレストランフロアは結構充実していて、広東料理で有名はJade Garden
なんかも入ってる。インドネシア料理やタイ料理など、お買い物のついでに楽しめるので
覗いてみるのも一興かと。日本料理もちゃんとしたお店があるので、万が一体調を
崩した場合などにはありがたいかもしれません。宿泊する3つのホテルからも近いですしね。

ちなみに現地の知人は高島屋(TAKASHIMAYA)を「たっけしめぃやぁ」、伊勢丹(ISETAN)を
「いっせたぁぁん」と発音してました(^^;)。なるほど英語読みだとこうなるか。。。(^^;)

11.おまけのおまけ

シンガポール人の英語は「シングリッシュ」と俗称されるくらいネイティブの英語とは
発音やイントネーションが異なります。といっても単語や文法が異なるのではなく、
丁度我々の英語が日本語発音をベースとした「じゃぱにーずいんぐりっしゅ」である
のと同じで、広東語のイントネーションと発音をベースとした英語なので、例えば
初めての方は面食らうかも。「クレジットカード」を「くれしっかっと」と発音するとか、
お座り下さいの「スイットダウン」を「しーだーっ」と発音するとか(^^;)。
初めての方はちょっと面食らうかもしてませんので、念の為

というわけで、御参考になれば幸いです。

 

  昨年のウィーン合唱旅行から、もうすぐ1年。あの日の感動は、今も皆様の元気の源になっていることでしょう。

今年のお稽古も進んでいますが、残念ながら意外と昨年参加された方が少なく、
みんな寂しがっています。
佐藤先生も、テンションあがっておられます。日本の歌、お稽古始めている私たちにお任せください。
ぜひ、またご一緒に、シンガポールで第9を歌いましょう!!

ウィーンまで飛行機が隣同士だった方、一緒のテーブルで朝ごはんをいただいたみなさん、
ホイリゲで一緒に歌った皆さん、今年も一緒に歌っていただけませんか?
来年のこのツアーで、またみんな一緒に第9を歌うためにも・・・。
今からでも遅くはありません。

皆様との再会を楽しみにお稽古していますから、ぜひぜひ ご参加ください。

 佐藤先生の爆笑練習会もはや4回目の10月25日、いよいよハーモニーも美しく

纏まってまいりました。

今日は長野から初参加の団員Tさんが、自己紹介で腹話術をやって下さいました。
なんと羊ちゃんがアメージンググレースを歌ってくれました!

練習も楽しいですけど、こういうハプニングも楽しいですね!
今日は昨年のシャボンキャンペーンのお礼のレターをみなさまに大公開。

良いことをしてハッピー、お返しをいただいてもっとハッピー!

2008年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031